酵素とは

酵素とは何なの?

ダイエットにも美容・健康にも良いと大人気の酵素ですが、
「そもそも、酵素って何?」
という方も多いのではないでしょうか?

酵素は生きるために絶対必要なもの

ネット検索すると、なにやら難しい用語がずらーっと…… (´Д`;)

もうちょっとわかりやすく解説してみたいと思います。

酵素はタンパク質の一種

  • タンパク質
  • 脂質
  • 炭水化物
は、三大栄養素と呼ばれ、生きていくために絶対必要なものです。
酵素は、タンパク質の一種です。

タンパク質

人間の体の約60%は、水分です。
残り40%のうち約20%は内臓・血液・筋肉・ホルモンなどで、タンパク質でできています。
酵素も、この中に含まれます。

酵素ならではの働きがある

たんぱく質は、血や筋肉を作る主成分です。
でも、酵素の働きは特殊です。

酵素は触媒として働きます。化学反応を起こすための着火剤みたいなものです。

はい、説明が難しくなってきましたね…… (´Д`;)

難しいことは省いて、豪快にざぁーっと説明しますね。

あるモノとあるモノが存在していても、何も起きません。

ところが酵素がその二つの間に入って仲を取り持つと、その二つに反応が起きるんです。

……イメージ出来たでしょうか?

酵素の具体的な働き

酵素は、以下のような場面で活躍してくれています。

  • 呼吸をする
  • 瞬きをする
  • 手足を動かす
  • 何かを考える
  • 眠る
  • 食事をする
  • 走る
  • 発汗
  • 排泄
  • 怪我をした部分の傷を癒す
  • 免疫力アップ
挙げ始めたらキリがないです。
これらの事は全部、化学反応によるものです。
そして、酵素がなければ化学反応は起きません。

それだけ、酵素は大切な存在なんです。

酵素には3種類ある

酵素には、いくつかの種類があります。

消化酵素

その名のとおり、消化するための酵素です。
栄養は、口に入れただけでは体に取り込まれません。
消化され、各細胞に運ばれて初めて、栄養素としての役割を果たします。

そのための”消化”を担ってくれているのです。

また、消化酵素は主に、唾液・胃液・膵(すい)液に存在していて、特定栄養素の分解に優れた消化酵素は3種類あります。

  1. 脂肪分解酵素(リパーゼ):脂肪→脂肪酸・グリセリンに分解
  2. 炭水化物分解酵素(アミラーゼ)、炭水化物→ブドウ糖・オリゴ糖・マルトースに分解・タンパク質分解酵素(プロテアーゼ):炭水化物→ペプチン・アミノ酸に分解

代謝酵素

消化酵素のおかげで分解された栄養素を、体中の細胞に届けてくれる酵素です。

代謝酵素によって細胞に運ばれた栄養素は化学変化を起こして、血液・骨・皮膚・髪の毛を作る、内臓を働かせる、免疫力を高める、毒素を排出するといった結果につながります。

使える体内酵素の量は限界がある

これまでご紹介してきたように、生きていくために酵素はいろんな場面で消費されます。

でも、体内で作られる酵素の量には限界があります。

消化酵素と代謝酵素では、つねに消化酵素から優先的に使われます。
そして、残った分が代謝酵素に回ります。


脂モノが多い食事だと、消化酵素が激しく消費されます。

そうなると、残りの酵素(代謝酵素)はすごく少なくなります。

体内酵素が不足すると……?

代謝酵素として使える体内酵素が足りない状態が続くと、どうなるんでしょうか?

まず、せっかく食事をして栄養素を摂っても、それが各細胞まで届かなくなります。
栄養が運ばれないと、体のダルさ・疲れやすさ・眠たいといった症状につながります。

また、代謝が落ちて内臓機能も低下します。
その結果、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなるし、「少ししか食べてないのにすぐ太る」という体質になります。

さらには、高血圧・糖尿病・高コレステロールなどの生活習慣病につながる可能性もあります。

酵素は食事からも摂れる

酵素は体内酵素だけでなく、”食物酵素”とうのもあります。

食物に含まれる酵素の事で、身近な食品にも酵素が含まれています。
中でも、生の野菜・フルーツ・肉、刺身、発酵食品などは酵素が豊富です。

食物酵素は消化酵素のサポートをしてくれるので、これらを積極的に食べるようにすれば、消化酵素の消費量を抑えられます。

また、使われなかった酵素は代謝酵素に回されるから、酵素不足の解消にもなります。

サプリメントで摂るのが手軽でおすすめ

酵素を十分な種類・量を摂るには、理想的な食事をする必要があります。
でも、現実的には無理ですよね。

酵素は熱に弱い(48℃以上で壊れ始める)から調理方法が限られるし、鮮度も酵素の量に影響しますし。

しかも、酵素の魅力を十分に発揮させるには、補酵素(ビタミン・ミネラル)も必要。

さらに、作られる酵素の量は加齢とともにどんどん減っていく……。

そう考えると、食事だけでなんとかしようというのは、ホントに非現実的です。

そういうわけでサプリメントを活用するのがおすすめです。

生酵素サプリメントなら飲むだけで、十分な種類・量の酵素を摂れます。
コスト的に見ても、食事に必死になるのと比べたらずっとお得です。

>>生酵素のおすすめランキングはこちら!!