酵素 サプリメント 吸収

効率よく酵素を吸収しましょう

酵素はダイエットだけでなく、美容・健康の面でも活躍してくれます。

そんな嬉しい存在の酵素ですから、せっかく摂るなら効率よく吸収できるようにしましょう。

意外な理由で消費される体内酵素

生酵素サプリメントの効果を十分に発揮するためには、体内に十分な量の酵素が存在している必要があります。

加齢による生産力の低下

加齢とともに、体内で作られる酵素の量は減っていきます。
20代をピークに減少しはじめ、40代で激減します

食生活・調理法

脂モノが多い食生活を送っていると、分解するために酵素がたくさん消費されます。
胃もたれは、食べたものを体内酵素で消化しきれなかった証拠です。
食物酵素が含まれる野菜・果物でも、なるべく加熱するのは避けましょう
酵素は熱に弱く、48℃以上になると壊れ始めるからです。

風邪や生理などの体調不良

風邪をひくと、体内のウィルスを追い出すために、酵素が消費されます。

また、生理中は代謝が停滞する時期でもあり、体に水分を溜め込みやすい状態になります。
そういう状況だと、酵素はどんどん消費されます。
経血が正常に液状なら問題ないですが、酵素不足の場合、レバー状になりがちです。

飲酒、タバコ

アルコールは肝臓でアセトアルデヒドという有害物質に変化します。
酵素は、それを分解して無害化してくれます。
二日酔いは、体内酵素で分解しきれない量のお酒を飲んだ証拠です。

タバコの煙にも、多くの毒素が含まれています。
これらの毒素を無害化するためも、酵素が使われます。
また、毒素によって傷ついた細胞を修復するためにも使われます。

ストレスや生活習慣

ストレスは、消化酵素の働きを活性化するセロトニンの量を減らします

さらにストレスは活性酸素を生みます
活性酸素を除去するために、白血球と酵素が使われます。

体内酵素は、夜中の睡眠中に生成されます。
そのため、夜にしっかり寝ないと、十分な量の酵素を作れなくなります。

これまでご紹介してきたように、酵素は日常のいろんな場面で消費されています。
なるべく、酵素の無駄使いをしないように心がけたいですね。

酵素を日常生活で効率的に摂るには?

酵素は体内で作られるだけでなく、体外から摂取(食べ物から摂取)する事もできます。

生野菜・果物を多く食べる

生野菜・果物には、豊富な酵素が含まれます。
なるべく旬のものを、常温で新鮮なうちに食べましょう。

すりおろす

酵素が含まれる食材は、すりおろせば最大3倍も活性化すると言われています。
たとえば、大根おろしなどです。
その他、流行りのスムージーなどもおすすめ。
ただし、ジューサーで処理する際は、熱に気を付けてください。
酵素は、48℃以上になると壊れ始めます。
最近は温度が上がりにくいスムージー用のジューサーなんかも販売されているので、そういうのを使うと安心です。

発酵食品

味噌や納豆、醤油、塩麹、ヨーグルト、チーズ、キムチといった発酵食品にも、酵素は豊富です。

ただし、味噌汁は熱の都合でおすすめできません。

よく噛んで食べる

早食い・ドカ食いはNGです。
よく噛んで食べる事によって血糖値の上昇が抑えられ、消費される酵素の量は減ります。
また、よく噛むことで、分解するために使われる酵素の量も抑えられます。

補酵素も意識する

酵素が効率よく働くには、補酵素と呼ばれる栄養素が不可欠です。
補酵素は、酵素を結びつけて力を発揮させてくれます。
具体的には、ビタミンやミネラルなどが挙げられます。

酵素は種類ごとに働きが異なりますが、補酵素も同じように異なる役割を持っています。
  • ビタミンB1(チアミン):糖をエネルギーに変える
  • ビタミンB2(リボフラビン):脂肪をエネルギーに変える
  • ビタミンB3(ナイアシン):脂肪・炭水化物の代謝をサポート
  • ビタミンB5(パントテン酸):糖質・脂質・タンパク質の代謝をサポート
  • ビタミンB6(ピリドキサール):タンパク質・アミノ酸の代謝をサポート
  • ビタミンB7(ビオチン):糖質・脂肪酸・アミノ酸の代謝をサポート
  • ビタミンB9(葉酸):細胞・血液の生成をサポート
  • ビタミンB12(コバラミン):血液の生成をサポート
  • コエンザイムQ10:エネルギー生成をサポート
  • マグネシウム:糖質・脂質・タンパク質の代謝をサポート
  • イオウ:糖質・脂質の代謝をサポート

サプリメントを活用しましょう!!

以上、効率よく酵素を吸収するための方法をご紹介してきました。

でも実際問題として、理想の生活・食生活を送るのって、難しくないですか?
少なくとも、私はそうです……。
理想通りの食事をしようとしたら、手間もお金もいくらあっても足りません。

そのため、生酵素サプリメントの活用をおすすめします。

生酵素サプリメントなら、飲むだけなので手軽です。
コスト的にも、料理をがんばるのと比べたらずっと抑えられます。

>>生酵素のおすすめランキングはこちら!!