酵素 種類

酵素にはいくつかの種類があります

ダイエットしながら美容・健康にも良いと大人気の生酵素ですが、酵素にはいくつかの種類があります。

酵素の種類

酵素には大きく分けると
  • 体内酵素
  • 体外酵素
があります。

体内酵素は体内で作られる酵素です。
”消化酵素”と”代謝酵素”があって、生きていくために必要不可欠なものです。

消化酵素の役割

食べた物は最終的に、大腸で吸収されます。
その際に活躍するのが消化酵素です。

代謝酵素は、消化酵素が分解して作り出した栄養素を身体の各細胞に届ける役目を担っています。
栄養素は、細胞に届いて初めてエネルギーになります。

具体的にいうと、新陳代謝を高めて骨や骨格、皮膚、血液を作ります。また、余分な毒素の排出・余分な脂肪の分解もします。
そういう働きは
  • 新陳代謝アップ
  • 自然治癒力アップ
  • デトックス効果
  • 免疫力アップ
  • 脂肪分解&排出
につながります。

「消化酵素が食べものを分解する」
「分解して出来た栄養素を代謝酵素が届ける」
という流れのために、この二つの酵素はすごく大切なものです。

でもそんな大切な酵素ですが、加齢とともに減少していきます。

そこで、「体外から酵素を摂る」という事が重要になってきます。

体外から酵素を摂る

体外から酵素を摂るというのは、つまり”食物酵素を摂る”という事です。

食物酵素を積極的に摂る

食物酵素は、野菜や果物などに含まれています。

でも、”熱に弱い”という弱点があります。
48℃以上になると壊れ始めるので、料理の過程で加熱するとダメになります。

酵素を多く含む食品としては
  • 野菜:アボカド・大根・ニンジン・レタス・セロリ
  • 果物:パパイヤ・バナナ・パイン・キウイ・リンゴ
などが挙げられます。

中でも、パパイヤは「酵素の王様」と呼ばれるくらい豊富な酵素を含んでいます。
その効果も強力で、パパイヤに含まれる酵素”パパイン”は医薬品指定されるほどです。

身近な存在としては、バナナが挙げられます。
とくに、完熟して黒く変色した状態だと、酵素が豊富です。
リンゴは赤リンゴより青リンゴのほうが、ダイエットに効果的なプロシアニジンが豊富です。
皮に多く含まれているので、皮ごと食べるのがおすすめです。

酵素の魅力を十分に発揮させるためには、補酵素と呼ばれるビタミンやミネラルも一緒に摂るのが効果的です。
野菜や果物にはビタミン・ミネラルが豊富なものが多いですよね。

また、野菜・果物は、すりおろして食べる事で酵素の働きを3倍まで活性化できると言われています。
たとえば、大根おろしなどです。
ただし、鮮度も大切です。
時間が経つと酸化してしまい、酵素の量が減ります。

酵素を摂るのには向かない食べ物

食べ物の中には、酵素の働きを邪魔するものもあります。
たとえば、生のナッツ・種・豆です。

生ナッツ・種・豆は、ある一定の条件にならないと発芽しませんよね。
これは、アブシジン酸とよばれる強力な酵素抑制物質が働いているためです。
一定の条件、つまり発芽してもよい状況になれば、酵素抑制物質は機能しなくなります。
加熱してあるかローストされているモノなら問題ありません。

また、イチゴやキウイ、トマト、オクラ、ナスなどの小さな種なら問題はありませんが、リンゴやブドウ、メロン、スイカ、柑橘系などの種は、アブシジン酸を含んでいるのでNGです。

発酵食品もおすすめ

酵素は、発酵食品にも豊富に含まれています。
発酵食品は植物性乳酸菌と動物性乳酸菌に分けられます。
ヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌は、腸に届く前に死滅します。
植物系乳酸菌は、腸まで届いてくれます。

植物系乳酸菌の代表的なものとしては、納豆や漬物、味噌、麹、甘酒などが挙げられます。
ただし、味噌汁は熱で酵素が壊れてしまうのでNGです。

また、食べ過ぎにも注意が必要です。
塩分が多いものが多いので、血圧上昇やアレルギー反応、善玉菌が活発になることによる下腹部の張りにつながります。

意外な所としては、チョコレートが挙げられます。
実は、チョコレートも発酵食品です。
生カカオを発酵させて作られていますが、発酵を進める微生物の働きでポリフェノールの効果を高めてくれるので、抗酸化作用を期待できます。

>>生酵素のおすすめランキングはこちら!!