酵素 種類

酵素にはいろんな種類があります!!

生酵素ダイエットが流行っているから、「生酵素=健康に良い」ことはなんとなーく分かるけど、実際どういいのかがわからないそこのアナタ!

今からでも遅くありません。酵素について軽くオサライしませんか?酵素の種類を知っているのと知らないのとでは、ダイエットの結果に開きが出ますよ。

酵素には種類がある

ひとことで酵素といっても種類があります。大きく分けると「体内酵素」と「体外酵素」です。体内酵素とは身体が自ら作り出す酵素をいい、「消化酵素」と「代謝酵素」が支えあい、補い合いながら生命活動を維持しています。

体内にある消化酵素の働き

食事をすると、口のなかで噛み砕かれ、胃で消化して小腸を通り大腸に吸収されます。このとき活躍するのが消化酵素です。

口に入った段階で、唾液に含まれるアミラーゼが糖質を分解し、ブドウ糖・麦芽糖に変化させます。胃では、胃液に含まれるプロテアーゼがタンパク質やペプチドを分解し、アミノ酸に変えます。最後に、腸壁やすい液に含まれるリパーゼが脂質を分解し、脂肪酸に変化させます。こういうかたちで栄養素はスムーズに腸へと吸収されます。
  • アミラーゼ(唾液):糖質を分解し、ブドウ糖・麦芽糖に変化させる
  • プロテアーゼ(胃液):タンパク質・ペプチドを分解し、アミノ酸に変化させる
  • リパーゼ(腸壁・すい液):脂質を分解し、脂肪酸に変化させる
消化酵素の働きで栄養が腸に吸収されたら、次は代謝酵素の出番です。

体内にある代謝酵素の働き

代謝酵素は、消化酵素が分解して作り出した栄養素を身体の各細胞に届ける役目をもっています。細胞に栄養素が届いてはじめて生きるためのエネルギーになります。

具体的にいうと、新陳代謝を高めて骨や骨格、皮膚や血液を作ります。余分な毒素を排出し、余分な脂肪を分解して体内環境を整えることで免疫力も高めます。簡単にいえば「丈夫な身体を作る」のです。

  • 新陳代謝アップ
  • 自然治癒力アップ
  • デトックス効果
  • 免疫力アップ
  • 脂肪分解&排出

消化酵素が食べものを分解して、分解されてできた栄養を代謝酵素が全身に届けることで正常な生命活動を行えるのですから、このふたつの酵素は生きるうえで必要不可欠な存在といえますね。

消化酵素と代謝酵素はふたつで1つ。消化酵素を多く消費すると、使える代謝酵素は少なくなります。食事ではもちろん、疲れたりストレスを感じることでも酵素は減ります。一生に作られる体内酵素の数も遺伝子によって決まっており、体内酵素が多い遺伝子をもつ人は、疲れにくく病気もしにくいのです。

しかし、いくら体内酵素の多い遺伝子を持っていても加齢には勝てません。25歳くらいから体内酵素の生成はゆるやかに低下し、40歳以降になると激減、70歳以降ではさらに減ってしまいます。酵素は寿命とも密接な関係があるというわけです。

加齢とともに酵素が減るのを見ているしかできないの?というと、実はそうでもありません。「体外酵素」によって酵素は補えるんです。

酵素は食物酵素で補うことができる

体外酵素、つまり体外にある酵素とは「食物酵素」のことです。消化をサポートするのでこれを摂取すると体内の消化酵素の消費を抑えることができるんです。消化酵素の消費を抑えることができればその分代謝酵素に回せます。そうなると新陳代謝やデトックスが活発となり、痩せやすい体質に近づきます。

食物酵素を意識的に摂りましょう!!

食物酵素は果物や野菜など身近な食品に多く含まれます。ただし、熱に弱いので加熱は厳禁。生のまま食べることで、食物酵素を効果的に摂ることができますよ。

なかでも酵素を多く含む食品は
  • 果物なら、パパイヤ・バナナ・パイン・キウイ・リンゴなど
  • 野菜なら、アボカド・大根・ニンジン・レタス・セロリなど

とくに、パパイヤは「酵素の王様」と呼ばれるほど酵素を多く含んでいます。含まれるパパインと言われる酵素は医薬品指定されるほど強力です。ただ、生パパイヤはあまり流通していませんので常食は難しいかもしれません。

手軽に食べられるバナナは、完熟してシュガースポット(黒く変色したもの)の多いほうが酵素を多く含みます。リンゴは赤リンゴより青リンゴ(王林・黄王など)のほうがダイエットに効果があるプロシアニジンを多く含みます。皮に多く含まれていますので皮ごと食べるのがオススメです。

酵素のチカラを最大限活かしたいなら、ビタミンやミネラルなど補酵素を合わせて摂ることも大事です。果物・野菜はビタミンやミネラルをたっぷり含むのでピッタリですね。

果物・野菜は、すりおろして食べると酵素の働きを3倍まで活性化できます。体調が悪いときは大根おろし・レンコンおろしが良いといわれますが、キチンとした意味があったのです。ただ、酵素は熱だけでなく酸化にも弱いですから、すりおろしたら時間を置かずに食べること。時間を置くと酵素量が減りますからご注意ください。

日本食の代表・刺身も「生」なので酵素を摂れます。お寿司を食べてもすぐお腹がスッキリするのは酵素が多く含まれているからと言われます。

酵素を摂るのにNGな食品

酵素を摂るうえで注意すべきは加熱・酸化だけではありません。摂ることで酵素のチカラを低める食品もあります。生のナッツ・種・豆です。

生ナッツ・種・豆は、ある一定の条件にならないと発芽しませんよね。これは子孫を残すため、アブシジン酸とよばれる強力な酵素抑制物質が働いているからなんです。一定の条件、つまり発芽してもよい状態になれば酵素抑制物質の機能がなくなります。

ナッツや豆については食べないよう気をつけてさえいれば問題ありませんが、果物・野菜の種を無意識に食べてませんか?種と言っても、イチゴ・キウイ・トマト・オクラ・ナスなどの小さいものなら問題はありませんが、リンゴ・ブドウ・メロン・スイカ・柑橘系などはアブシジン酸を含みますから、取り除いて食べるようにしましょう。

ナッツ・大豆は加熱するか、ローストしてあるものを食べましょう。また、水に一晩つけると酵素抑制物質を取り除けます。ごはんを炊く前に長時間水につけるのは、玄米も稲の一種だからなのです。

発酵食品にも酵素がたっぷり入っている

発酵食品にも多くの酵素が含まれます。発酵食品は植物性乳酸菌と動物性乳酸菌に分けられますが、胃腸に届くまでにほとんどが死滅するヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌より、胃酸や胆汁に負けず腸まで届く植物系乳酸菌のほうがおすすめです。

代表的な植物系乳酸菌には、納豆・漬物・味噌・麹・甘酒などがあります。酵素だけでなく高い栄養素も含み、日本人にとって馴染みある食品ばかりです。ただ味噌は、味噌汁にすると加熱で酵素がなくなるので、モロキュウやドレッシングで使うなど、生のまま食べるのがベストです。

発酵食品は酵素を多く含みますが、食べ過ぎには注意が必要です。比較的塩分を多く含むので血圧上昇やアレルギー反応を起こしたり、善玉菌が活発になることで下腹部が張りやすくなったりします。量を多く摂れば効果がでるというわけではありません。毎日の食事に発酵食品をプラスして、続けることが何より大切です。

意外かもしれませんが、チョコレートも発酵食品のひとつです。生カカオを発酵させて作られています。発酵を進める微生物が作用してポリフェノールの効果を高めるので、抗酸化作用に期待できます。

酵素の種類、まとめ

最近なにかと話題の生酵素。
酵素には、体内にある消化酵素・代謝酵素、そして食べ物に含まれる食物酵素の3つが存在します。

消化酵素は食べたものを分解し、代謝酵素は分解された栄養を生命維持のエネルギー源にするため働いています。このふたつの酵素は互いを補いあっており、消化酵素を使いすぎると代謝酵素が減り、疲れやすくなったり太りやすくなったりします。ストレス・加齢でも減ってしまうのに、使える酵素には限りがあるといわれています。

この状態を補うには食物酵素を摂ることです。加熱や酸化に弱いので「イキのいいものを生のまま」食べることで酵素を効果的に摂取できます。果物や野菜・刺身に多く含まれ、味噌や納豆といった発酵食品にも含まれます。

体内だけではなく身近な食品に含まれる酵素たち。正確な知識を通じて意識することで、酵素の無駄使いを減らし、免疫改善や代謝促進につなげることができます。

>>生酵素のおすすめランキングはこちら!!